男の人

窓のことならスウェーデンハウスに任せよう

南北の気候特徴に合わせて

間取り

長持ちしやすく快適

兵庫は、中国山地を境に気候のタイプが南北に分かれている地域です。具体的には、中国山地の北側は日本海側気候に、南側は瀬戸内海式気候に分類されているのです。そのため兵庫では、それぞれの気候に合わせた注文住宅がよく建てられています。規格化された建売住宅と比較すると、気温や湿度、季節風の影響を考慮しながら建てた注文住宅では、快適に過ごしやすいからです。たとえば北側では、日本海から吹いてくる湿気を帯びた風が中国山地で阻まれるため、気温は低く、湿度は高くなりがちです。そのためセルロースファイバーやグラスウールなどを使いつつ、ツーバイフォー工法で建てた高断熱高気密の注文住宅がよく選ばれています。屋外から冷気も湿気も入りにくいため、寒い時期でも室内では、快適な温度と湿度とが保たれやすいのです。一方兵庫の南側では、日差しが比較的強いため、年間の気温は高めとなっていますし、湿度は低めの状態で安定しています。そのことから、屋内に熱気がこもらないように、そして適度に湿気を取り入れるために、注文住宅は通気性を重視して建築されています。通気性が良ければ、空気が熱と湿気とを運びながら自然に流れていくため、屋内ではやはり快適な環境が保たれやすくなるのです。こういった、気候のタイプに合わせた注文住宅は、劣化しにくく長持ちしやすいことからも注目されています。そのため、兵庫で長く暮らすために注文住宅を選択するという人も多くいます。